歯医者を見つける

歯医者の数が増えていると言われていますが、治療を受けるときは、その中から自分にあったところを探すことが大切です。 確かに歯医者は歯科医の免許を持っているので、技術的にはそれほど違いがないかもしれません。 しかし、技術面だけではなく、衛生面や心理面にも配慮してくれるかということが良い歯医者を選ぶための絶対的なポイントです。 例えば、診察台の上が乱雑だったり、埃をかぶっているなどということがないかチェックしてみると良いです。衛生面に配慮している歯医者には、エアークリーナーをつけているところもあります。 また、心理面では例えば歯の治療に対して不安を抱いているときに気持ちを解してくれるような会話をしてくれるか、などを確認してみると良いでしょう。

食べ吐きのある過食症(摂食障害)患者さんの場合、胃酸で歯がボロボロになってしまうことも少なくありません。 また、本人にとってそれを周囲に知られたくないという気持ちが強いですから、口腔状態がかなり悪化してから受診するケースも多いです。 歯医者に行くのを先延ばしにしているうちに、20代の若いうちから歯を失ってしまうこともあります。 摂食障害の人が歯医者に行くならば、精神面に配慮してくれるところを選ぶと良いです。 もし心療内科などに通っていて、かかりつけ医がいるのであれば、そういう場所がないかを聞いてみるのも良いでしょう。大学病院であれば、歯科も含めた設備が入っていることもあります。 心のケアとともに、歯のケアをしてくれる歯医者を選ぶと通いやすいでしょう。